プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:Softimage Mod Tool
関羽
関羽
三国志の筆頭武将であり、本ゲームの主役格。樊城の戦いでは、援軍の于禁を降伏させ、ホウ徳を討ち、樊城と襄陽を包囲して陥落寸前に追い込んだが、同盟国であった呉に本拠地を急襲されて退路を奪われ、呉軍に捕まり斬首された。



◎顔CG

今回から、鳳雛さんに書いて頂いた顔CGを冒頭で幾つかご紹介します。武将プロフィールっぽくていいかなぁとww



◎XSI名称変更

XSIの開発元であるSoftimage社がAutodesk社に買収されて(2008年11月)、XSIの名称がSoftimageに変更されました(2009年3月)。
つまり「Softimage社のXSI」から「Autodesk社の(子会社であるSoftimage社が開発した)Softimage」になったわけです。

「Softimage XSI 7.x」 → 「Autodesk Softimage 7.5」

子会社になってもブランド名として残したかったのだろうと思いますが、キーワードで検索する際にちょっとややこしかったりします(^^;


「XSI Mod Tool」も「Softimage Mod Tool」に名称変更されたようですが、日本語のsoftimage公式サイトからダウンロードすると、結局Softimage Mod Tool 6.01のダウンロードページに辿り着きます。

「Mod Toolは練習用なんだから、バージョンが古いものなんだろう」と思って6.01をダウンロード&インストールしたのですが、その後こちらの記事を見ると「Softimage Mod Tool 7.5」が日本語で動いているようです。

7.5はXNA3.0に対応しているらしいですし、デフォルトで日本語対応済なのであれば、それに越したことはありません。
というわけで、7.5をダウンロード&インストールしました。

SoftimageModTool
Softimage Mod Tool 7.5



◎機能紹介ビデオ

Softimage 7.5の機能紹介ビデオが日本語化されていたので、まず「ジェネラル>オペレーション」を見てみました。

…う~ん、マニュアルに記述された機能を実演するだけなんですね。マニュアル代わりとしては悪くないと思いますが、初心者向け入門書ってカンジじゃないなぁ…。



◎トレーニング

結局、こちらからトレーニングマニュアルを入手してトレーニングすることにしました。
…で、XSIをさわった最初の感想ですが、

・多機能(いろんなことが出来そう)

・操作系はかなり癖がある(unix系?)
 →確定するためのOKボタンがないので、どのタイミングで
  確定したのかキャンセルしたのかよくわからない
 →似たような機能が沢山あって、違いがよくわからない
  (例:編集>複製/インスタンス作成>
   1つ複製、1つクローン、1つインスタンス作成)
 →メニューやボタンに存在しない、ショートカットのみの
  機能がある?(しかも結構重要っぽい(^^;)
 →windowsユーザは感覚的にわかりにくいかも?


また、トレーニングマニュアルの感想としては、

・手っ取り早く修得するための教材としてお勧めできる

・専門用語の解説が無く、3Dツール未経験者は厳しいかも

・Ver5.0用マニュアルのため、Ver7.5では異なる部分がある

機能紹介ビデオやトレーニングマニュアルは「既に他ツールを使用した3D経験者向け」のような気がしました。メタセコイアで少しでもモデリング経験してて良かったです(^^;



◎マニュアルと異なる点

マニュアル通りに壺の作成を進めていたら、修正>ポリゴンメッシュ>ポリゴン対象化で「無効なオブジェクトがグループ0に対して渡されました。」とエラーになりました。

オブジェクトを非選択状態として再度試したら、今度は正常に対象化できました。とりあえず回避できたものの、こんな調子で大丈夫かなぁ?ちょっと不安ですね…。


また、壺のマテリアルを設定する際に「Shader Presets」というツールバーは見当たりませんでした。多分バージョン違いによるものと思います。
「Main Shelf」ツールバーを表示し、Renderタブの中の「Preset Manager」を呼び出すと、「Brass」等のプリセットマテリアルが使えるようになりました。



◎初作品

トレーニングマニュアルに沿って作成した壺です。

SoftimageModToolで作成した壺

取っ手部分は「カーブに沿って押し出し」で作成しています。
この機能は、メタセコには無いんじゃないかな~?



◎次回予告

次回もXSI…もとい、Softimage Mod Tool修得の続きです。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。