プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:Softimage Mod Tool
陸遜
陸遜
荊州の戦いでは、低姿勢なそぶりを見せて関羽を油断させ、呉の急襲を成功に導いた。後に呉の大都督となり、蜀魏を撃退して呉建国に大きく貢献した。



◎モデルの変更

LAGさんからコメントを頂き、オリジナルモデルは諦めてSoftimageの標準ガイドやリグを使用することにしました。RokDeBone2の場合、ボーンを1つ1つ手作業で置いていくのが基本ですが、Softimageはこちらの方が標準っぽいし、リグやシャドウリグが無いのが敗因かもしれませんからね。

しかしこの標準的な男性キャラクタモデルを使用してXNAViewerで表示すると、エラーが発生します。

32ビットインデックスに対応してませんエラー

これは「グラボが32bitインデックス(要素サイズ)に対応してませんエラー」です。またしてもグラボ。Softimage上では問題無く動くのに、XNAでは動きません。まいったなぁ…試行錯誤中に下手にソースとかいじりたくないし…。

しかしよく考えると、ビルドは成功し、実行時にエラーとなるようです。そこでリリースビルドでexeを作成し、サブPCに持って行くと、正常に起動しました。

(セキュリティのため)2台のPCをネットワークで繋げていないので、毎回USBメモリで受け渡します。作業効率ダウン。試行錯誤中にこれはかなりめんどくさいです。サブPCにXNAとSoftimageの開発環境を構築することも考えましたが、性能は低いし動作不安定な側面もあるので結局やめました。



◎ゴミのようなもの?

面倒ながらも試行錯誤を重ねていると、ゴミのような小さなものが動いてるのに気付きました。この小さな物体は2つセットで動くので、目や耳かもしれません。

ゴミのようなもの
(サブPCのため、動画取得は御勘弁ください)

正体はともかく、動くものがあるということは、手順よりも設定パラメータが間違っている可能性が高そうな気がします。

キャラクタキーセットを自作してパラメータ追加とかも試したのですが、成果なし。キャラクタキーセットはデフォルトで生成されたものを使用して問題ない気がします。



◎モデルの問題

安心できるベースモデルが無いことも大きな問題です。


・オリジナルモデル

Softimage上では問題なくスキンアニメしますが、XNAモデルとして正しい構造かと聞かれたら、自信が持てません。


・Softimageで取得できるデフォルトキャラクタ

一番安心できるモデルと思っていたのですが、ボーン数がXNAモデルのボーン数上限値(58)を超えています。骨を自分で正しく削る自信が無いので、敢えて上限を無視するか、強引に骨を削るべきか…いずれも不安が拭えません。



◎詳細手順

そんなわけで、3通りのモデルパターンをベースに、設定パラメータやフォルダ階層、作業対象オブジェクト等を変更して試しています。

A:オリジナルモデル(手順はこちら
B:デフォルトモデルシャドウリグ無し(手順はこちら
C:デフォルトモデルシャドウリグ付き(手順作成中)

本当はちゃんと動く手順をUPしたかったのですが…いつまでたっても動かないので見切り公開です。
動かない手順のわりにボリュームあるなぁ(苦笑)



◎スキンじゃないアニメ

シャドウ付きが動かないので「最初はシャドウ無しの方がシンプルでいいかも?」と思ってシャドウ無しも試しました。しかし結局どれもスキンアニメしません。

かろうじてオリジナルモデルは動きましたが、(モデル形状は変わらずに)モデルの位置が移動回転するだけです。
XNAのワールド座標変換行列をいじるのと一緒なので、意味がありません…。



◎サブPC起動せず

デフォルトモデルの試行錯誤中に、サブPCが起動しなくなりました。

ぐぁぁ~!マジキレそう…


…すみません、お見苦しい所をお見せしました。_O_

衝動的にPC買い替えたくなりましたが、ぐっと堪えて復旧作業。そういえばこのPC、前に何度か起動しなくなって、その度に再インストールしました。ハードディスクが寿命かな?でもHDDは一度換装した気がする…。



◎次回予告

英文のスキンアニメチュートリアルも、Weighting以外は一通り読みましたが、スキンアニメできない理由は不明です。
(Weightingは無視してますが、問題無いよね?)

次回は引き続き試行錯誤とシャドウリグ付き手順をまとめる予定ですが、いっそのこと、SoftimageとXNAで動く.xsiモデルか.FBXモデルを探し出して内部解析した方が早いかも…などと考えています。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。