プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
潘璋
潘璋
呉の武将。荊州の戦いでは、朱然と協力して関羽を追い詰め、部下の馬忠が関羽を生け捕りにした。粗暴で強欲だが兵の統率に優れ、多大な功績を挙げた。



◎5月の目標達成度

・地形モデル描画(4日)
・マップオブジェクトモデル描画(5日)
・マップデータ調整(1日)
・マップオブジェクト属性データ作成(1日)

 実績:未着手(達成率:0%)


・Softimage修得(3日)

 実績:8日間で概ね修得(達成率:100%)
 実績:12日間でXNA連携(達成率:100%)



・Softimageで城モデル更新(2日)
・Softimageで槍兵モデル更新(3日)

 実績:未着手(達成率:0%)


・シナリオ概要作成(1日)

 実績:3日間で荊州争奪戦関連年表、武将一覧表作成(達成率:70%)


・その他
 →ブログ更新/HP更新(3日)
 →休息/予備(5日)

 実績:3日でSoftimage/XNA連携テスト手順書(3パターン)作成(達成率:100%)


XNA連携にハマってプログラム関連は未着手です。



◎XNA連携手順が複雑な理由

私はSoftimageを触る前は「メタセコイア+RokDeBone2」のようなものを想像していました。しかし実際は想像を大きく超えるものだったので、修得に日数を要したのは仕方がないと思います。

問題は、XNA連携でハマった事です。RokDeBone2の場合、保存したファイルをXNAで読み込めば問題無く動くので、まさかこんなに複雑なものだとは全く予想してませんでした。

まぁ結論から言えば、マテリアル設定を省いた私が悪いのですが、その結論に至るのに時間を要したのは、そもそも連携手順が複雑だからです。ビュワーの用意から始まって、メッシュの変換、エンベロープ設定、キーセット、アクション、マテリアル…。理想を言えば「ボタン1つでファイル出力」ですが、これだけ複雑な手順を要するのは何故でしょうか?

その疑問を解決するキーワードは多分「パフォーマンス(表示速度)」でしょう。地形プログラムの作り込みで大分理解してきましたが、3Dアニメの世界では「綺麗」「多機能」を追及すればするほどパフォーマンスが低下します。

パフォーマンスを上げるには、削れる要素をぎりぎりまで削ることですが、削れる要素はケースバイケース(時と場合による)なので、その状況に最適なアニメモデルもケースバイケース、つまり多様なアニメモデルが存在します。

多様なアニメモデルをボタン1つで変換するのは困難なので、「こんな感じで適当にやってね」というのが現在の状況でしょうか?それにしても、もう少し何とかしてほしいですね。せめてヘルプは日本語にするとかw



◎プログラム未着手について

4月はプログラムにかまけてSoftimageを全くやりませんでしたが、5月はSoftimageにかまけてプログラムを全くやりませんでした。原因は「1つの問題にハマりすぎ」だからです。何やってんだか…(^^;

これは私の考え方や性格によるところが大きく、「壁にぶつかったからといって、それを放置して別のことをやるのは、逃げるようで嫌だ」というのが根底にあるようです。つまり負けず嫌いってことです。

もっとも、進捗最優先モードに突入すると、このようなこだわりは捨てて「何が何でも期限までに実現させる」という自信はあります。短期間で作り上げたダンスゲームや、在職中の仕事の実績などが自信の根拠となっています。

それなら、早くそのモードに突入しろって?それが微妙なんですよね~。このモードは成果物が出来上がる代わりに、品質が低下したり、経験が次に生かせないなどの弊害があるので、できれば避けたいのです。

まぁ何とかXNA連携できたっぽいので、今後ペースが上がることを期待しつつ、もう少し様子をみます。



◎ドキュメント作成について

荊州争奪戦のシナリオ概要を作ろうとしたら、次々と疑問が湧いてきました。

・関羽はなぜあのタイミングで出陣したのか?
・劉備や諸葛亮は何故関羽の後詰を出さなかったのか?
・呉が蜀を裏切るに至った理由は?

そこでまず荊州争奪戦関連年表を作成し、主要イベントを時系列にまとめました。すると改めて様々な事情が見えてきて「なるほど、これが歴史の必然ってヤツか」と感心しました。

例えば、関羽の出陣は「曹操が劉備に直接対決で初めて敗北した直後であり、魏が動揺している時期」なので、タイミングとしては悪くないこと、劉備や諸葛亮は二か月前に漢中を抑えたばかりで動きにくいこと、呉が蜀を裏切るに至った理由は幾つもあること、などです。

また、三国志と言えば「赤壁の戦い」が有名ですが、赤壁の大敗でも揺るがなかった魏が「最大のピンチ」であったことを改めて認識しました。曹操が遷都を建議したのは、ただのビビリじゃなかったんですね(笑)



◎進捗状況チェック

年間スケジュールを参照しながら、進捗状況をチェックすると…うわ~やっぱり遅れまくりです。Softimage修得しか終わらなかったので、当たり前ですが。

ちなみに、顔グラCGは鳳雛さんが50枚全て書きあげてくれました。このクオリティでこのスピードは驚きです。私の方が頑張らないといけませんね。



◎6月の目標

・Softimageで城モデル更新(2日)

・Softimageで槍兵モデル更新(3日)

・アニメライブラリ選定(3日)

・地形モデル描画(4日)

・マップオブジェクトモデル描画(5日)

・マップデータ調整(1日)

・マップオブジェクト属性データ作成(1日)

・その他
 →ブログ更新/HP更新(3日)
 →休息/予備(5日)

殆ど先月の持ち越しです。アニメライブラリ選定には、FBX出力&ACLの調査を含んでいます。



◎次回予告

次回はXNA連携手順をまとめてHPに整理します。目標は明日夜までにUP!

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。