プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:Softimage Mod Tool
張昭
張昭
呉の文官の代表格。孫策臨終の際に、周瑜と共に孫権の補佐を託された。しかし孫権との折り合いは悪く、しばし意見が対立したが、剛直な性格で互いに譲らなかった。周囲から何度も宰相(丞相)に推されながら、孫権は最後までこれを認めなかった。



◎対象者は?

HPに記事をUPしました。

3D人型モデルをSoftimage Mod Toolで編集しXNAで動かす

XNA連携調査の集大成のようなもので、1ページの記事のボリュームは過去最大です。流用部分が多いとはいえ、数回書き直したのでそこそこ時間かかりました。

XNA連携に関するまとまった情報が少なかったので、このような記事を書いたのですが、改めて考えると、この記事が役に立ちそうな人は、「今から、XNAかSoftimageが次期バージョンアップを果たすまでの期間内に、XNAとSoftimageの連携を(新たに)始める人」ぐらいでしょう。

もしかして、対象者がほとんどいないのでは?(涙)



◎BVHファイルについて

今回は、BVHファイルのモーションを自作モデルに適用してみたいと思います。

BVHファイルは、モーション定義ファイルです。こちらの説明にあるように、主にモーションキャプチャーデータの保存に使われているそうです。



◎動機

機材揃えるの大変そうなので、自分でキャプチャーする気は今のところありません。

また、キャプチャデータの流用(適用)も、以前はさほど興味ありませんでした。理由は「他人が用意したモーションデータを自作モデルに適用するのは手間がかかりそうな気がするから」です。3Dテストプログラムの経験から「流用するよりも作った方が早そうだ」と思ってました。

しかしSoftimageでは「自作モデルをXNAで動くように調整するだけで結構大変」ということがわかりました。

「ここまで手間かかるなら、あと少し手間が増えても大差無いのでは?」

というわけで、BVHファイルの流用を試す気になりました。



◎理想のデータは?

モーションはボーンに連動するものなので、ネット上に公開されたBVHファイルは、モーションデータだけでなくボーンデータを含んだものが多いようです。

逆に考えると、ボーンデータが異なる複数のVBHファイルを、1つのモデルに適用するのは難しそうな気がします。
(不可能ではないと思いますが、調整が大変そう)

ということは、ゲーム制作者向けの「基本モーションセット」のようなものか、若しくは、同一のボーンで沢山のシンプルモーションが用意されていれば使いやすいのではないでしょうか?



◎データ検索

というわけで、国内外のサイトを適当に探したんですけど…結論から言うと、自分がイメージしていたようなものは、見付かりませんでした。今回は兵士だからキビキビとした動作が欲しかったのですが、逆に滑らかな動作ばかりでした。

モーションキャプチャーは「自然でリアルな動作」を目指したものなので、ダンス系やスポーツ系が多いのはわかりますが、たまには軍隊系なんてのがあっても…ダメ?(^^;

腕を除外するとか、部分的な流用も考えましたが、どうにも合わなさそうなので、三国志軍記への適用は諦めました。
3Dテストプログラムなら使えるかもしれません。



◎BVHファイル読み込み

ゲームへの適用は諦めましたが、後学のために、少しは試しておこうと思い、こちらのサイト後半のサンプルデータ(act04bvh.zip)をダウンロードしました。


モデルメッシュ作成済のシーンで「ファイル>読み込み>Biovisionファイル」とし、表示された画面でBVHファイルを指定してOKボタンを押すと、エクスプローラに新しい階層(act04)が追加されます。

BVHファイル読み込み後のエクスプローラ

これを選択してからアニメーションマネージャを開くと、アクションリストにact04_BasePoseとact04_Motionが追加されています。act04_Motionを選択して再生ボタンを押すと、派手に動くボーンアニメーションが再生されます。



あとは、自作モデルのエンベロープ設定時に、このボーンをデフォーマとして指定すればOKでしょう。

裾ボーンの調整等が面倒なのでこれ以上やりませんでしたが、実際にやると見た目はこんな感じになりそうです。

こ~ゆ~ハデな動きは、デモとしては良いのですが、ゲームには使えないんですよね~(^^;



◎追記

今回の調査で気になったサイトをちょっとだけ紹介します。

mocapdata.com

フリーモーションが4000件以上登録された国内サイト。
日本語選択可。アクターやファイルフォーマットの選択可。

試しにダウンロードしようとしたら、アカウント登録には成功したものの、メールアドレスorパスワード誤りでログイン不可でした。今回欲しいデータは無かったのでそのままスルー。



◎次回予告

前回ラストで、RokDeBone2はBVHファイル読み込みが出来ないようなことを書きましたが、これは間違いでした。ごめんなさい。まぁRokDeBone2なら、モーションは自作した方が早そうですけど…。

次回は、Softimageで作成したモデルをXNAで制御します。
まともなプログラミングは3か月ぶり?!

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。