プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:3Dテストプログラム開発
RokDeBone2
RokDeBone2
3Dモデルデータにモーション(アニメーション)を付けるためのツール。
無料でモーション付き.Xファイルを出力できる国内唯一のツールかも?



今回の記事は開発日誌です。(前回の続き)


◎近況報告

XNAでモーション再生をすべく試行錯誤しています。

簡単に言うと
「正常に動作するモーション付き.Xファイルのサンプルが見つからずに苦労した」
「やっとサンプルを準備し、ファイルの読み込みまで成功した」
という段階ですが、ここでは試行錯誤を通じて感じたことを記述します。
(技術詳細を知りたい人はこちらを見てください)



◎まだまだ未熟な世界

ネット上でサンプルが見当たらないのは「苦労して作ったデータを他人に渡すのが惜しいから?」と思っていたのですが、それ以前に「ツールや環境が整備されておらず、作りたくても作れない」という問題があるようです。

RokDeBone2は繊細なモーションデータを作れる反面、相応な知識、根気、センス等を必要とするようです。以前はサイバデリアのように簡単に作れるツールもあったようですが、最新版では正常な.Xファイルは出力されません。

また、Viewer環境も整っていません。肝心のDirectX SDK付属Viewerはバージョンによって動きが異なるし、フリーのViewerもそれぞれ問題があって定番と呼べるものがありません。

つまり、「作る、見る、(プログラム等で)利用する」環境がどれも整っていない、未熟な世界と言えるでしょう。



◎問題はXNAよりDirectX?

前回記事の最後に

「一方、Direct3Dはファイル内にモーション情報を保持できるのに、それをXNA標準機能で再生できないのはちょっとがっかりです。」

と書きましたが、その後の試行錯誤経験を通して

「Direct3Dが(SDK付属Viewerですら)このような状況では、XNAが標準サポートをためらうのも無理はない」

と思うようになりました。


改めて考えると、

・管理者のテストプログラムが友人宅で動かなかった
・サイバデリアの新版が正常動作しなくなった
・モーション付き.Xファイルがネット上で普及しない
・XNAがモーション再生を標準サポートしない

どれもDirectXの問題のようです。
悪いのはお前か~!(笑)



◎どうなるどうするDirectX

DirectXは登場から10年以上が経過しましたが、今日においても尚更新が続けられています。

「常に最新技術を取り込む」「多くのサードパーティ(ハード/ソフト)をサポートする」等の課題を解決する必要があるので、更新はやむを得ないのですが、Web更新を前提としたり、旧バージョン対応ソフトが動かなくなったりすると、開発側だけでなくエンドユーザにも負担になります。

そうかと言って簡単にOPENGLに乗り換えるわけにもいかず(あっちはあっちで別の問題がありますし)、結論としては「しばらく耐えながら様子見」するしかないでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

Rok de Bone2がモーションつきXファイルを生成できる唯一のソフトだったとは。
でもmcvcr100.dllという厄介なものが必要になりますねえ。

モーションつきXファイル

この記事から3年近く経ちますが、私が知る限りにおいて、無料でスキンアニメデータ付属Xファイルをまともに生成できるのは「Rok de Bone2」だけです。


「Softimage Mod Tool」という無料ツールもXファイル出力機能がありますが、出力したXファイルをXNAでまともに再生できた試しがありません。独自フォーマットを使用すればXNAで再生可能ですが、手順が複雑なのでお勧めできません。

◎XNAでSoftimageデータを利用する場合の参考
http://tkina.web.fc2.com/kaihatu/siryou/Softimage-CharacterAnimationForXNA/Softimage-CharacterAnimationForXNA.htm


メタセコイアのKeynoteプラグインもスキンアニメデータを出力します。Xファイルではなく独自フォーマットらしいのですが、興味があれば調べてみてください。(注意:メタセコイア本体の有料版を購入しないとプラグイン利用不可)

◎XNAでKeynoteを利用する場合の参考
http://blogs.msdn.com/b/ito/archive/2010/12/23/metasequoia-and-xna-part-4.aspx

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


モーション付きDirectXファイルの現状


トラックバックで記事を書くのも初めてなんですが、記事を拝見していて以前同じように考えたことがありました。当時はXNAではなくDirectXのゲー...



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。