プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
城24
開発中のメイン画面
城が簡易モデルに置き換わり、傾きの問題は解消された。見た目やパフォーマンスも悪くないようだ。



◎画像の貼り付け

城の簡易モデルを作成します。まず手始めに、城画像を基本図形に張り付けてみましょう。

城画像を正方形に張り付けた   城画像を円柱に張り付けた

城画像を正方形(天井を下げてます)に貼り付けたら、左図のようになりました。さすがにこれではダメなので、円柱に貼り付けたら右図のようになりました。

十二角の城モデルを八角の円柱に張り付けたので画像が少しズレてますが、角度を合わせれば、ベースはいけそうですね。

しかし、円形や多角形はポリゴン数が増えます。円形にこだわるつもりは無いので、城モデルは四角形にしましょう。



◎前方後円城?

というわけで、簡易モデルを作る前に、ベースの城モデルを四角形に作り直します。

Castle02

作り直しの途中でこのようになりました。
円や四角形よりちょっとカッコいいと思いませんか?

ポリゴン数や画像数は増えますが、この形で進めましょう。



◎基本図形の作成

城壁の形に合わせた基本図形を作成し、画像を貼り付けました。

城簡易モデル01

ベースとしては悪くないようですが、課題が幾つかありますね。気になる所から潰していきましょう。



◎櫓の立体化

まず、櫓がペラペラの平面だと見た目が非常に悪いので、これを立体化します。

櫓の前面は城壁と同面のポリゴンで兼用できそうなので、左右と背面、上面の4枚の板ポリを追加して箱形を形成し、画像をUVでマッピングしました。

城簡易モデル02

屋根は立体的に三角にしないとダメですね。こういう時はポリゴン追加も止むを得ないと思いますが、判断に悩む箇所もあります。

例えば、櫓の1階と2階は大きさが少し違うので、1階に合わせて調節すると2階がおかしくなります。ポリゴンを追加すべきかUVマッピングで誤魔化すべきか悩んでしまいます。

作業を進めていたら、画像が微妙に傾いてることに気付きました。…そういえば、簡易モデル用の画像は正射影で取得すべきですね。他に、影の付き方も少し気になっていたので、UVマッピングの前に、画像を再取得します。



◎正射影画像とマッピング

思わしくない所に影が付いてますが、頂点をくっつけたり座標を揃えても、影が消えません。仕方がないので、XNAの画像取得プログラムでライトの方向を変えて調整しました。

正射影画像を取得して作業を再開すると、UVマッピングをしなくても平面マッピングで画像がピタリ一致します。楽で正確なのがいいですね。

あ、でもこのままだと画像ファイルが前後左右上の5枚になりますね。テクスチャアトラスで1枚にまとめるとXNA上のパフォーマンスが向上しそうですが、そのためにはUVマッピングを手動で行う必要があります。うむむ…。

とりあえずこのまま進めましょう。どうしてもパフォーマンスが出ない時は、1枚にまとめます。



◎前方後円城完成

城簡易モデルが無事完成しました。ちょっとポリゴン増えましたが、自分では納得出来るレベルになりました。

城簡易モデル03

今回は城壁内側を無視してます。いずれ内側に建築物を追加するので、その時に作ります。

通常モデルと簡易モデルのスペックは以下の通り。

○城通常モデル
マテリアル数:12
総頂点数:10009
三角形面総数:1640
四角形面総数:6832

○城簡易モデル
マテリアル数:5
総頂点数:201
三角形面総数:24
四角形面総数:56

頂点数やポリゴン数が1/50になりました。と言うか、通常モデルは無駄にポリゴン多すぎ(爆)



◎実装

いよいよ実装です。さて、どんな感じでしょうか?

城18

あれ?
こうして見るとカッコ悪いと言うか、城に見えませんね(汗)
四角形で作り直さないとダメだなぁ…。

パフォーマンスは劣化しませんでした。
柵200個より城40個の方が軽いのか…。



◎調整

城モデルと簡易モデルを四角形に作り直しました。

城19

城20   城21

うーん…わざわざ作り直したのに、簡易モデルは見た目がイマイチですね。アップで確認すると、外壁や櫓は悪くないので、城壁の内側に立体感が無いのが悪そうです。

というわけで、ポリゴン使って簡易モデルの内壁を作りました。

城22   城23

ようやくまともになりましたね。
最終的なスペックとパフォーマンスは以下の通りです。

○城(四角形)通常モデル
マテリアル数:12
総頂点数:10574
三角形面総数:1640
四角形面総数:7231

○城(四角形)簡易モデル
マテリアル数:5(画像数:2)
総頂点数:196
三角形面総数:16
四角形面総数:61

○城(四角形)簡易モデルのパフォーマンス
城約40、兵士無し:54~58
城約40、兵士あり:27~30

板ポリゴン方式に比べると、パフォーマンスが若干落ちたようですが、許容範囲内です。板ポリゴンの頃の問題点は完全に解消され、見た目もさほど悪くないと思うので、城モデルに関しては一段落ですね。

前回の柵モデルに続き、新しい城モデルもHPのダウンロードコーナーにUPしておきました。



◎次回予告

今回の手順(ベースモデルの作成→画像取得→簡易モデル作成)は、画質(解像度や立体感など)やパフォーマンスが良い反面、製作コストがかさみます。

自力でテクスチャを描ける人なら、簡易モデルを作るだけで済むかもしれません。でも、手描きで立体感が出せるのか疑問です。慣れた人ならできるのかな?

もう少し簡易モデル作成のコツを掴みたいので、次回は森モデルにチャレンジします。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。