プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:3Dテストプログラム開発
RokdeBone2 プロペラ回転
RpkDeBone2によるプロペラ回転
回転中は、歪んで小さくなったように見える。360度回転すると元に戻る。



◎当初の目的

ようやくモーション再生が出来るようになったので、当初の目的「プロペラを回す」に戻ります。

「折角スキンアニメーション出来るようになったのに何だそりゃ!」って突っ込まれそうですが、何分3Dアニメは初挑戦なもので…勘弁してね!



◎謎の歪み

で、…何とかプロペラを回転させたら、冒頭図のようになりました。

「3Dアニメの世界では、これが正しいのだろうか?」
でもやっぱり変ですよね?プロペラ三枚だから、120度回転させると元と同じはずなのに、思いっきり小さく歪んでます。

「目の錯覚を再現してる?」
とも考えたのですが、それだと360度回転して元に戻るのは却って不自然な気がします。

ちなみに、Metasequoia で試したら、歪みなく回転しました。
多分、RokDeBone2の使い方を誤ったか、RokDeBone2に問題(バグ?)があるか、どちらかのような気がします。



◎問題解決?

試しにXNAで動かすと、RokDeBone2と同じように再現されました。やっぱり不自然…。

「回転数を上げるとゴマかせないか?」

しかし、アニメーションの再生間隔をコントロールする方法がわかりませんでした。海外製ライブラリは情報入手が難しいなぁ…。

仕方がないので、フレーム数を落としてみました。1回転40フレームから9フレームに変更。すると…何か、少し回転っぽくなってきました。壊れかけの扇風機って感じです。(笑)



◎実は難しいテーマ?

現実世界でプロペラを回転させると、残像が目に焼きついて、羽の1枚1枚は見えず円形のように見えます。さらに回転数を上げていくと、途中から逆回転しているようにも見えます。

最初は”簡単そうだから”プロペラ回そうと思ったのですが、よく考えると、実は難しいテーマなのかもしれませんね。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。