プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:3Dテストプログラム開発
XNA-MotionBlending.jpg
RokDeBone2 のサンプルデータを XNA2.0 上でモーションブレンディングした実行画面。
盆踊りとフラダンスが合体したような妖しい踊り?



◎動機

モーションブレンディングとは、2つのモーション-例えば、「歩く」と「右を向く」を複合し、「歩きながら右を向く」モーションを作り出すことです。

前回記事の飛行艇にはプロペラが2組あるので、それぞれ別々のモーションとして作成/再生できれば、片方だけ回したりできるなぁ…という動機でチャレンジしました。



◎調査

まずXNA1.x+ACLの国内サンプルコードを見つけていろいろ試したのですが、結局ビルドに至りませんでした。どうやらACLのインタフェース仕様が変更されたようです。

仕方が無いので海外ソースを解析すると、たった2行でブレンディングしているような…?

「ホンマかいな?」(何故か関西弁)

とりあえずダメ元でやってみると、プロペラ2組同時回転…

「マジっすか?」



◎技術情報

というわけで、技術情報はHPに掲載しました。
「XNA2.0でモーションブレンディング」



◎応用

こんな簡単にブレンド出来るなら他にも試してみようと、RokDeBone2 のサンプルデータをブレンドしてみました。(冒頭図参照)

これは面白い!

2つのモーションを複合するだけで、こんな妖しい踊りが見られるとは!(笑)
これはネタとして結構イケるかも…。



◎発展

今度の3Dテストプログラムは「プレイヤーが自分でモーションをブレンドする」ものにしようかな、と考え始めました。

適当に2つのモーションを選択すると、ブレンドされたモーションが再生される、というものです。ブレンド比率やモーション再生速度も自分で調整出来るようにして…

ありきたりのレースやシューティングより、そっちの方がイイかな?

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。