プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
華佗
華佗
伝説的な名医。荊州争奪戦では、ホウ徳の毒矢の傷を受けた関羽のひじの骨を削り、毒を除いた。後に曹操の頭痛を治すべく召し出されたが、曹操の不興を買って殺された。



◎企画紹介

HPのゲーム企画紹介を追加しました。

ゲーム企画紹介 第四回:メインシナリオ2

華佗を出すことは前回から決めていたので、中盤はすんなり書けたのですが、その後シナリオが史実通りに進むと、関羽が怒り出しそうな展開になってしまいます。

あれこれ考えても話が上手くまとまらないので、蜀軍の旗色が悪くなる前に、話を打ち切ってしまいました(^_^;

本人にシナリオ解説させるのは不味かったかも…って、次回も徐晃シナリオで本人登場しますね(汗)



◎関羽の呼称

関羽の呼称はちょっと悩みました。関羽は死後神様に祀り上げられていますが、さすがに部下が神様扱いするのはヘンです。「関将軍」と呼ぶと関平と被るし、「前将軍」と官職で呼ぶのもイマイチです。

読者のイメージは「五虎将軍筆頭」が強そうですが、本人は気に入らなかったようなので、部下がその呼称で呼ぶとは思えません。

結局、普通に「関羽様」と呼ぶことにしました。



◎没ネタ

1ページ目で周倉と廖化がモメていますが、実は廖化のもう一つの諺(ことわざ)を最後のオチに使う前フリの予定でした。

「右の王平、左の廖化」
意味:物足りないから2人で1人前

とある掲示板に、車騎将軍を分けて与えられた故事に由来する諺らしいとあったのですが、確認すると、廖化は右車騎将軍で、左車騎将軍は張翼です。結局ウラが取れなかったので、このネタは没にしました。
(「廖化当先方」は確認済)

他に関羽の諺などもありましたが、ネタとして使いにくかったのでこちらも没。(興味がある人はこちら



◎計略のコンセプト

ここからはゲームシステムの話です。従来のゲームでは、計略は下記の手順で行われるのが一般的です。

1.ポイントを溜める(行動力や計略ポイントなど)
2.ポイントを消費して計略コマンドを入力(実行)する
3.計略の成否と効果を知力などで判定する

シンプルでわかりやすく面白いのですが、数十年もこのシステムの延長で変わり映えしないのは残念な気もします。
そこで、三国志軍記では計略も新しい概念を模索します。

私が着目したのは、三国志(演義)の計略の手筈(段取り)です。孔明が計略の手筈を整える様子を転載します。

三国志(演義)新野防衛戦

孔明が次々と指示を出すシーンを想像すると、ワクワクしませんか?

プレイヤーの役割は、孔明のような立場で各部隊に指示を出すことです。つまり、作戦を考えて手筈を整えることが計略に繋がります。



◎従来ゲームとの比較

上記が企画当初の計略のコンセプトであり、これをベースに警戒レベルなどのルールを考案しました。しかし今回改めて見直すと、コンセプトの着眼点は良いのですが、最後の結論に違和感を感じます。

この違和感は、計略と作戦の定義があいまいなことに起因するようです。従来ゲームと比較しながら整理しましょう。


従来のゲームでは、計略とはコマンドの一種であり、移動/攻撃等の他のコマンドと組み合わせて作戦を考え、部隊を1つ1つ動かすことにより作戦を遂行します。

このゲームでは部隊を直接動かしたりしないので、部隊に与える指示(任務)の種類や内容が、従来ゲームの計略コマンドに相当すると思われるかもしれません。

そう思った人には、このゲームに直接的で派手な計略は無いように見えるでしょう。例えば、このゲームには以下の計略コマンドはありません。

奇襲:敵部隊の警戒レベルが低い時に攻撃すると、
   奇襲扱いとなることがある。

混乱:突然奇襲されたりしてパニックに陥ると
   混乱することがある。

同討:夜間or濃霧時に奇襲を受けて混乱すると、
   隣接する味方部隊と同志討ちが発生することがある。

つまり、敵の大部隊を夜襲して成功すると、同志討ちが発生する可能性があるわけです。成功判定は知力ではなく警戒レベルですので、昼間にわざと負けて撤退したフリをしておくと、敵が油断する確率が高まるかもしれません。

繰り返しますが、このゲームに「奇襲」「混乱」「同討」などの直接的なコマンドはありません。しかし従来のゲームでは、これらを「計略」と呼んでいます。その定義に当てはめると「作戦を考えて手筈を整えることが計略(奇襲/混乱/同討)に繋がる」というわけです。



◎次回予告

このゲーム、チュートリアルを充実させないと誰も着いていけなくなりそうで、我ながら怖いです(^_^;
…でもその前に、まずゲームを完成させないとね(爆)

計略は「作戦を考えて手筈を整えること」ですが、手筈は部隊に任務を与えることによって整えます。というわけで、次回は任務について詳しく解説する予定です。

(HPの次回は「第五回:メインシナリオ3」です!)

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。