プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
蒼天航路
蒼天航路
曹操を主人公とするベストセラー漫画のTVアニメ版。昨年日本テレビ系で半年間放映された。



◎城

拠点の一種。メインシナリオでは勝利条件に影響する。
(蜀軍が36城中30城を占拠すると勝利)

・部隊や小隊、武将等が駐留可能

・補給物資の貯蔵及び補給が可能

・主人公(武将)が居る場合のみ部隊編成可能

・駐留部隊及び守備隊を全滅させると占拠
 →駐留部隊不在で攻撃側と守備隊の兵力差がある場合、
  兵士の動揺、降伏、住民反乱等がおこりやすく、
  戦闘時の守備隊士気低下率も高い

 →兵力差が少なかったり、援軍が期待できる場合は
  守備隊士気が低下しにくい

・城規模(=部隊収容数MAX)
 例:城規模5=最大5部隊=最大5000人
 →部隊数を上回る兵士は入城不可
 例:城規模5、守備隊3、駐留部隊5→入城不可
   (移動元拠点に帰還する)



◎陣

拠点の一種。輸送兵による資材運搬や森林伐採などで木材を確保し、将兵に陣を張らせることにより構築可能。任意の場所に展開し、攻撃/防御/休息/補給等に活用できる。

・障害物が無い平地及び丘陵に構築可能

・将兵に撤収を指示して陣を引き払うことが可能
 →木材は新しい陣構築に流用可能

・部隊や小隊、武将等が駐留可能

・補給物資の貯蔵及び補給が可能

・主人公(武将)が居る場合のみ部隊編成可能

・陣規模(=部隊収容数MAX)は1~3
 →大規模陣の構築は資材及び時間を要する
 →部隊をさらに収容したい場合は、近くに別の陣を張る
 →守備兵は存在しない(駐留部隊のみ)



◎計略関連任務

企画見直し第三回で記述した通り、このゲームは直接的な計略コマンド(奇襲/混乱/同討など)を設けません。計略の手筈(段取り)を重視します。

段取りとは、将兵に与える任務(指示)の組み合わせです。特に攻撃任務と伏兵任務は細かい指示を可能とするので、この2つを組み合わせるだけでも、多様な作戦行動が可能です。

しかし、三国志の世界では、他にも様々な計略が登場します。正史と演義を全編読み返して、登場する策や計略を全てチェックしたいのですが、これには時間がかかるので、まずは一般的な計略について検討し、他の計略については後日検討しましょう。

というわけで、今回はコーエーの三国志10を参考に検討します。

計略関連任務一覧表


表の左側が三国志10、中央右側が三国志軍記の仕様です。

三国志10はターン制で、各部隊を毎回自分で操作するので20種類の計略コマンドがそれぞれ意味を持ちますが、三国志軍記は部隊を「委任」するイメージです(任務とは「委任方針」みたいなものです)。ですので、戦略的に意味がない計略は任務としては用意せず、自動発動扱いとしました。

というわけで、まずは三国志10と同等の計略が可能です。オリジナル計略も5件ほど記述しましたが、今後さらに増やしていくつもりです。



◎任務の2段階指定

部隊将兵が任務完了(または任務継続不可)となったら、その後どうなるのでしょうか?

従来のゲームでは、部隊に敵城を攻撃させると、成功して占拠するか失敗して撤退します。敵部隊を攻撃させると、追撃または帰還します。撤退条件や追撃条件は、出撃時に設定しておくゲームが多いようです。

三国志軍記でも、「普通に勝てるな」と思った時は、従来ゲームと同様に出撃させることが可能です。さらに、「ここが正念場だ!」と思った時は、任務を2段階で指定可能とすることを検討中です。

この2段階任務指定は、最初の任務が成功した場合と失敗した場合で、次の任務を別々に指示しておくことを可能とするシステムです。これを実装すると、従来よりも複雑な作戦展開が可能となります。

ただ、「任務は2段階指定可能」などと言ったら、プレイヤーに「取っ付きにくそう」とか「面倒臭そう」などの印象を与えてしまう懸念があります。従来方式も可能なので、別に面倒にはならないのですが、イメージ先行で敬遠されたら逆効果なので、2段階指定に関してはもう少し検討します。



◎次回予告

計略関連任務がとりあえず一段落したので、次回は攻撃、駐留(移動含む)関連の任務や伝令システムを中心に見直します。伝令はかなり重要なので、よくよく考えないといけませんね。


それと私生活の方ですが、中古住宅購入活動に加えて、自宅の裏で新築工事が始まり、ますます集中しにくい状態になってしまいました。トホホ(T_T)

そんなわけで、次回もブログ更新が遅くなってしまうかもしれませんが、何か対策を考えますので当面はご容赦ください。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

家買います

新築未入居(中古扱い)を狙っていましたが、価格交渉が成立して購入が確定しました。今週末ぐらいに契約する予定です。

予算オーバー分を賄うために、最初は賃貸物件として入居者を募集するつもりです。自分が最初に入居できないのは残念ですが、開発費を回収する必要があるので仕方ないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。