プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
戦略三国志
戦略三国志
基本プレイ無料のブラウザゲーム。建物の建設等は他のブラウザゲームと同様だが、武将はカードで表現されており、合成/強化/伝授なども可能。



◎9月の目標達成度

・活動時間月144時間以上

実績:108h(達成率:75%)

 (中間目標:9/15迄に72h以上)

実績:57h(達成率:79%)


・槍兵モデル再作成(24h)

実績:22h(達成率:100%)


・旗手モデル作成(24h)

実績:構成検討中断(達成率:1%)


・履歴画面イメージ作成(8h)
・企画見直し(40h)

実績:未着手(達成率:0%)


・ブログ更新/HP更新(48h)

実績:41hでブログ更新(達成率:100%)


・予定外の作業

実績:41hでSoftimage修得(達成率:?)


XNA連携の目処が立ち、Softimageの修得が進んだのは良いのですが、活動時間が少なすぎです(ーー;



◎作業時間分析

作業時間集計2010年9月(PDF形式)

○良かった点
・Softimage修得はメリハリを付けて取り組んでいる
・ブログの月間UP件数は今年最多

○悪かった点
・活動時間が少なすぎる


Softimage修得の時間は項目毎にバラつきがありますが、これはテーマ毎にどこまで深く追求すべきか考えながら取り組んだ結果です。今回はこれまで苦手だったカーブとサーフェイスを克服すべく集中的に勉強しています。

活動時間が少ない点は非常に問題ですので対策を講じます。(後述)



◎Softimage修得について

以前は「XNAで動かなきゃ意味ないじゃん」ってことで、どうしてもSoftimageに対して本気になれなかった(実はメタセコイアに戻るか悩んでました)のですが、槍兵モデル再作成が納得できる状態で完了し、XNAで動く目処が立ちました。これでようやく腰を据えてSoftimageに取り組めます。

しかし私はあくまで「モデル制作は他人任せ」を前提としているので、今後Softimageとどのように向き合うべきか迷っていたのですが、あるQ&Aを見て「これまでのやり方じゃダメだな」と痛感しました。

そのQ&Aは「別ツール製のアニメモデルがSoftimageで動かない」という質問に対し、「様々なパターンが考えられる云々…」と細かい回答があり、2つのツールの違いやモデルの特性を知らないと答えられないような内容でした。

私は他人に作ってもらったモデルを動かしたいのですが、そのためにはこの回答者と同レベルにならねばなりません。しかし闇雲に試行錯誤するだけでは、いつまでたっても「NURBS?なにそれ?」レベルから抜け出せません。やはり「基礎から応用までしっかり勉強する必要がある」と痛感したわけです。

ですが、Softimageの機能はボリューム満載で、英語も含めると情報は無数に存在します。私にとっては不要な機能や情報もあるので、どのように学習すべきか手探りで始めたわけですが、しばらくすると自分の学習スタイルが確立してきました。今はヘルプを中心に他の情報を参照しながら進めています。



◎活動時間について

ブログはわりとコンスタントに更新していたので、集計するまで気付かなかったのですが、9月の活動時間が8月より少ないのは、我ながらちょっとショックです。

やる気や集中はOK、手応えも感じているので、あとは活動時間が増えればペースが上がると思いますが、やる気があるのに活動時間が伸びないのは何故?

…自己分析の結果、‘時間に対する緊張感が足りない’という結論に至りました。

例えば、ブログをUPすると満足してその日の活動は打ち切ってしまうのですが、まだ時間はあるのだから活動続行すべきです。体調が悪くて休むなら、体調の良い時にその分活動すべきです。

そんな分かりきったことが実践できないのは、緊張感が足りないからです。こういう時は「気合いだー!」とかけ声をかけると一時的に気合い入りますが、しばらくすると凋んでしまうので、持続可能な工夫を施す必要があります。


実は2009年7月も同じような問題に直面し、総合管理という対処策を講じました。その後現在に至るまで鳳雛さんにメールし続けて、一定の成果がありました。(作業時間やジョギングの実績データはこのメールを集計したものです。ちなみにジョギングが1年以上続いたのは生涯初ですw)

今後はこれをさらに発展させて、前日の実績と当日の予定をツイッターで毎日UPします。実績だけでなく予定もUPするのは正直しんどいですが、本気で取り組むならそれぐらいやらないとイカンですね。


…そういえばブログで自己紹介するのは初めてですが、私のツイッターのアカウントは‘Na_78’です。別に大した話はしてませんが、もしよろしければフォローしてやってください。



◎進捗状況チェック

スケジュールは凍結中です。企画見直しが完了したら、スケジュールの見直しを行います。



◎10月の目標

・活動時間月160時間以上
 (中間目標:10/15迄に80h以上)

・Softimage修得(64h)

・旗手モデル作成(16h)

・履歴画面イメージ作成(8h)

・企画見直し(24h)

・ブログ更新/HP更新(48h)

10月はSoftimage修得強化月間とします。
やる気がある今がチャンス!!



◎次回予告

次回は前回のサーフェイス(&ポリゴン)修得の続きです。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

同じ場所で作業している分にはその都度話し合いながら詰めてもいい気もしますが、外に出すケースでは確かにある程度はツールの使い方を知っていないと指示が出せない面はあるでしょうね。

とは言えSoftimageはかれこれ15年くらい前、PSや64のころから現場で使われているツールなので、ましてゲームに関連のない項目も含めあらかじめ全てを把握するのは厳しそうな気もします。幸い書籍は多いので、差し当たり教本をなぞるとかどうでしょう?

そうですね

Softimageは機能ボリュームが大きい上に、XNAでの利用可否や注意事項も抑えるとなると大変そうです。でも外部委託する場合は避けられないようなので、覚悟を決めました。


昨年からたまに本屋を覗いているのですが、今の所私が望むタイプの本は見付かってません。XNA連携について詳しく書かれた本が理想ですが、それが無理ならノードやプロパティ、階層構造等のデータ解説や出力を中心とした本を探しています。

ですが、実際に売ってるのは操作説明やチュートリアルを中心としたデザイナー向けのものが多く、「これならネットで参照できるなぁ」ってことでまだ1冊も買ってません。

そもそも‘Softimageデータ解説書(初級プログラマー向け)’といったものが存在するのか疑問ですが、今後も本屋の近くを通ったらゆるゆるチェックしていくつもりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。