プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:3Dテストプログラム開発
CypherS TufT
CypherS TufT
RokDeBone2サンプルデータ作者:星さんのサイト。
六角大王、メタセコイア、MIKOTO等の作品が多数紹介されている。



◎許可頂きました

RokDeBone2のサンプルデータ(キャラ)を3Dテストプログラムに使用したいと作者に願い出た所、正式に許可を頂くことができました。

星さん、どうもありがとうございます!



◎次なる課題

星さんから頂いたメールを転載します。
(メール内容から推察し、公開しても問題ないと判断しました)

>問い合わせの件、OKです。全く問題ありません。
>
>個人的な感想を言うと、モーションはもう少しオーバーアクション気味な方が見栄えがすると思いました。
>あと、顔のテクスチャーは確か独立した1枚だったと思うので、テクスチャー切り替えによる表情の変化(まばたきとか)があると良いのではないかなーと。

感想が殆どプロです。さすがですね~!
貴重なアドバイスを頂きましたので、早速新たな課題に取り組みたいと思います。



◎オーバーアクション

元のキャラモーションは、「よくこんなの考え付くなぁ」と思うほど派手で面白い動きをします。
しかしこれをブレンドすると、中途半端な動きになることはご指摘の通りです。
これは改善出来るのか?…う~む。

前回の動画ではよく分からなかったかもしれませんが、実は、オートモードのモーションはランダムに変化します。
前回録画した時は「たまたま」大人しいブレンドモーションが多く、再度実行すると元の派手なモーションが多いこともあるのですが…文字で説明されてもよく分からないですかね?(^^;

一度プログラムをUP(アップロード)して、視聴者に見てもらった方がいいかなぁ?
未完成品をUPするのは好きじゃないけど、今回はそもそもテストプログラムだし…。



◎UVアニメーション

もう一つの「表情の変化」は、多分「UVアニメーション」とか「テクスチャアニメーション」と呼ばれている技法です。2D画像(テクスチャー)を移動したり切り替えることによるアニメーションです。

これはいずれやってみたかったので、早速まばたきデータを適当に描いてみました。
で、これをプログラムに実装しようとしたら…アレ?

どうやればいいんでしょう?(爆)

2D画像処理は、通常XNAにコードを記述しますが、今回はACLを使用しているため、コードを記述しなくても自動的に読み込まれています。便利な反面、XNAから直接操作できないかも…。

現在調査中ですが、どうやらエフェクトファイルを作成する必要があるような?…うわ~結局そこに行き着くのか~!

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。