プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:3Dテストプログラム開発
HLSLの適用
RenderMonkeyで生成したエフェクトファイル(HLSL)をXNA上の3Dモデルに適用した画面。
全身真赤だが、影は付いている。



◎RenderMonkeyを試してみる

こちらの記事を参考に、RenderMonkeyで拡散反射ライティングをやってみました。

記事のバージョン(V1.0?)と現在のバージョン(V1.8)で操作等が若干異なりますが、さほど問題にはならない程度です。

ちなみに、この人はFX Composerの記事も書いてくれていますが、そちらはバージョンによる違いが激しくてよくわかりませんでした。



◎XNA上で適用する

RenderMonkeyで作成した拡散反射ライティングをエクスポートし、XNA上の3Dモデルに適用しました。(冒頭図参照)

これで一応エフェクトファイルが適用できるようになったと思ったのですが…甘かったですね。(--;



◎元色を取得できない?

キャラが全身真赤になってしまうのは、元の色を赤で塗り潰しているからです。
(ちなみに、赤を半透明にすると、キャラが赤いまま薄くなり、最後はキャラが消えます(笑))

赤を強制的に上書きするのではなく、元の色と調整しながら赤を強めていけばライトっぽくなると思います。そのためには、元の色の情報が必要です。

そこで、元の色を取得してそのまま塗り潰すように変更したら…全身真白になりました。何故~!
元のキャラに戻ると思ったのに…。



◎重大な問題

色の問題はとりあえず置いといて、先にACL上でエフェクト適用出来るか確認しようとしたら…赤でもなく白でもなく、プログラムが落ちましたとさ。「…ハァ?」

…で、いろいろ調べた結果、ACLの仕様制限であることが判明しました。
ACL2.0チュートリアルのソース内に「very important」ってコメントで書いてあったのですが、英語なんで思いっきりスルーしてました(^_^;

英語には自信が無いので断定は出来ませんが、どうやら追加エフェクトファイルにはスキン情報が必要らしいです。
少なくとも、ACLがエフェクト情報の一部を管理しているのは間違いありません。追加エフェクトは、ACLとバッティングしないよう注意する必要がありそうです。

しかし弱ったなぁ…このキャラはスキン情報を.Xファイルに内蔵していて、.FXファイルが存在しません。スキン情報を持った.FXファイルかぁ…。



◎というわけで

「.Xファイルのエフェクト部分を抽出して.FXファイルを生成するツール」を探しています。
もし知っている人がいたら是非教えてください。
(ちなみに、メタセコイア、RokDeBone2、FX Composer、RenderMonkeyはダメでした)

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。