プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
攻撃型の実装05
開発中のメイン画面
陣形の戦闘スタイルを4タイプに分類し、攻撃型スタイルの個別移動を実装する。



◎目的

今回は、モデル個別移動を部隊戦に応用します。
目的のイメージを図で説明すると、こんな感じです。

モデル個別移動を部隊戦に応用する01   モデル個別移動を部隊戦に応用する02

従来は、左図のようになってました。
これを、右図に近付けることが今回の目的です。


・演出効果は高いが、デメリットもある

・仕様上の問題が発生する恐れがある
 (セル単位の原則を無視するので)

上記のような懸念があるので、今回は、上手くいかないようなら素直に諦めます。

でも、成功すると演出効果がかなり期待できるかもしれないので、とにかく一度チャレンジしましょう。



◎戦闘スタイル

陣形の戦闘スタイルを複数に分類して制御します。
あれこれ考えたのですが、結局下記4タイプとします。

 攻撃型:
  近接攻撃タイプは敵モデルに隣接して攻撃する

 防御型:
  敵を待ち受ける(移動しない)

 カウンター型:
  敵を待ち受け、機を見て反攻する
  (防御型→攻撃型)

 アウトレンジ型:
  敵と一定の距離を保ちながら
  (前後左右に移動しながら)
  間接攻撃や計略を実行する

今回は、攻撃型を実装します。
カウンター型とアウトレンジ型は後日実装するので、
それまでは防御型として処理します(暫定)



◎攻撃型の実装

攻撃型の個別移動を実装します。

・目標敵部隊の中で、自小隊に最も近い敵小隊を
 攻撃目標とする

・攻撃目標(敵小隊)に向けて個別移動し、
 その手前で停止する

攻撃型の実装01   攻撃型の実装02

上図は魚鱗(攻撃型)と鶴翼(防御型)が正面からぶつかったケースです。ネームプレートで見辛いかもしれませんが、朱然隊の右翼小隊が最も近いと判定されたようです。

敵部隊を認知すると、騎兵や歩兵が順次突撃する様はカッコイイのですが(上左図)、戦闘中は、味方全員が近接座標に集中し、グチャっと重なってしまいます(上右図)


攻撃型の実装03   攻撃型の実装04

上図は、長蛇(攻撃型)と魚鱗(攻撃型)のぶつかり合いです。攻撃型同士だと、敵も味方も近接座標に集中してしまいます。

もう少し、何とかならんかなぁ…。



◎攻撃型の改良

もう少しバラけそうな案を試してみます。

・自小隊の番号と同じ番号の敵小隊を攻撃する
 →敵小隊が自番号より少ない場合、旗手を攻撃する

・旗手は攻撃に参加しない
 →防御型と同じ移動パターンとする

…意外といい感じにバラけました。

しかし、移動中に他の小隊と進路が交差してしまいます。
向かい合うと、小隊番号が左右対称になるからですね。

・偶数番号の小隊は、自番号-1の敵小隊を攻撃する

・奇数番号の小隊は、自番号+1の敵小隊を攻撃する

これで、交差が…あれ?解消されませんね?

どうやら、陣形の小隊番号が原因のようです。
左側が奇数、右側が偶数になるように番号を振り直します。

モデル個別移動を部隊戦に応用する03

鋒矢(左側の青)の3-4と7-6が逆になっているのがポイントです。

しかしこうして見ると、赤の2番は攻撃目標になりませんね。それと、交差するケースも若干ありそうですが…少しならいいかな?全く無いのも不自然だし。

攻撃型の実装05

いいカンジにバラけてきました^^



◎次回予告

長文になってきたので、ここで一度切ります。

というわけで、次回は今回の続きです。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。