プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
弓兵モデル作成31
開発中の弓兵モデル
弓矢のモデリングは5分で出来たが、XNAでのアニメ正常再生実現に50時間を要した。



◎弓兵モデル修正

腕と弓の間の中間ボーンは1本でしたが、このままだといろいろ問題があるので、ボーンを2本にしました。XNAでスケールが反映されない都合上、中間ボーンは原則2本とすべきですね。

で、いよいよ本格的にモーションを作ろうとして気付いたのですが、右利きの場合、弓は左手で持って右手で矢を継ぎますよね?

…というわけで、弓を左手に持ち替えました(^^;

弓兵モデル作成31

矢の中間ボーンを、左手/右手/背中の矢筒(2射目を矢筒から取り出す場合)どこから延ばすべきかでちょっと悩みましたが、矢はアニメキーによる力技で動かすのでどれも大差無いという結論に達しました。



◎アドバイス頂きました

こんな感じで、弓兵モデル開発と企画見直し(三国志12との比較)を並行的に進めていたら、vDogさんからアドバイス(前回コメント)を頂きましたので、それを踏まえて3Dモデルの開発方針を見直します。



◎従来の方針

従来は、

・一騎討ち
・メイン画面のズームアップ
・ビジュアルシーン

等で繊細なCGを演出するために、3Dモデルの正式版を外部発注し、最終的に入れ替える予定でした。
(そのための予算は生活費と別枠で確保済です)

そんなわけでRockDeBone2からSoftimageに乗り換え、何百時間もかけてXNA連携に取り組んできましたが、未だにSoftimageモデルをXNAで正常に再生させる自信が持てません。
ノウハウをHPにまとめたりして少しずつマシになってるとは思いますが、自信を持って外部発注できるようになるには、これまでの倍の時間を要するかもしれません。

この調子では完成まで何年かかるかわからないので、これを機に開発方針を見直します。



◎今後の方針

3Dモデル作成ツールは沢山ありますが、私が知る限りでは、高機能かつ繊細なスキンモデルをXNA向けに出力できるのはMayaとSoftimageぐらいです。このうちXNA公式認定かつ無料なSoftimage Mod Toolを採用したわけですが、実際にXNAで再生させるには、細かい注意事項が無数にあって非常に難易度高いです。

そこでまずMayaの体験版を試して、感触が良ければバカ高い値段に見合うか検討します。

Mayaがダメなら繊細モデルによる演出は当面諦め、3Dモデルは外部発注せずに簡易的なものを自作し、演出はエフェクトや2DCG等でカバーする方針とします。ツールはメタセコイア&RockDeBone2に戻しますが、Softimageを完全にやめるわけではありません。
(Softimageでしか作れないものもあるので、適宜選択する)



◎次回予告

というわけで、次回はMaya体験版でXNA連携できるか試します。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

PC環境の問題

Maya体験版のセットアップに失敗しました。PCがMayaの動作環境を満たしません><

このPCも5年目に入ったので、そろそろ買い替えを考えてもよいかもしれませんが…とりあえずMayaは保留とします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。