プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
馬01 槍兵01 槍騎兵01
馬、槍兵、槍騎兵の3Dモデルデータ
ホームページからフリー素材としてダウンロードできるようになった。モーションデータも付属している。



◎UPしました

馬、槍兵、槍騎兵モデルをフリー素材としてUPしました。
人型モデルのフリー素材は多数ありますが、馬や騎兵のフリー素材は珍しいと思います。

少ないですけど、モーションデータも付けてあります。
RokDeBone2を使っている人は、兵士モデルを差し替えて走らせることも可能です。

初めて作った3Dモデルですので稚拙ではありますが、これを叩き台として改造するなり差し替えるなりしてください。



◎テクスチャ変えました

絵が描けないので写真を加工することにしたのですが、ネタ探しや加工に苦労しました。

顔写真のフリー素材はありそうで意外と少なく、しかも正面向きで3Dモデルに貼り付けられそうなものとなるとなかなか見つかりません。手配写真も探してみましたが、これも見当たらず。肖像権の問題ですかね?

何とか1枚候補を見つけたものの、メガネしてるわ正面からずれてるわ胸元が開いてないわで加工が大変なことに…windowsのオマケのペイントツールじゃ限界ッス!(爆)



◎手をスキャニング

顔ほどではありませんが、手も少し苦労しました。手の写真素材は大量にあるのですが、手の平(掌)ばかりで手の甲は格段に少なかったのです。大量の写真画像から手の平と甲のセットを探し出すのは容易ではなく、諦めて自作に切り替えました。

自分の手のイメージを取得する場合に、カメラかスキャナかちょっと悩みましたが、平面に近いものはスキャナの方が綺麗に撮れそうなので、スキャナを使うことにしました。

今年買ったばかりの複合機で初めてスキャニングしてみましたが、扱いは非常に簡単だし、スキャンは早いし、驚くほど緻密で綺麗でした。昔のDOSやNTの頃とは比較になりません。時代は進化してるのね…。

手の平は簡単にスキャンできましたが、問題は手の甲。ちょっと膨らんでてなかなか綺麗にスキャンできなかったのですが、本を持ったり手を併せたりして何とかそれなりのイメージを取得できました。
何度も撮り直したお陰で、腕が痺れてきましたよ(笑)


手のひら
手のひらのスキャン画像
拡大して見ると、細かいシワや血管まではっきり見えます。これで低解像度モードとは驚きですね~!



◎調整は各自で

ペイントやメタセコイアで修正している時はあまり気にならなかったのですが、XNAまで持ってくると明暗が強調されて、頬の白さや手の平の暗さが気になります。手の平の方はこれでも修正したのですが、まだ暗いですね。頬の方はちょっと無理っぽいです。

まともなペイントツールを使うか、XNAでエフェクト制御できればもう少しマシになるかもしれないんですけど、今はどちらもできません。今後の技術課題ですね。


3Dモデル全体としては、他にもお粗末な所ばかりなのでいちいち挙げません。データは自由に改編して構いませんので、気に入らない所は各自で調整してください。



◎次回予告

サンプルモデルがとりあえず一段落したので、ようやくプログラム系に入ります。

まずはプログラム環境の見直しということで、XNA3.0とアニメーションライブラリを検証します。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。