プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
マップテスト03   マップテスト04
開発中の3Dマップ画面
三国志軍記開発中のマップ画面。スペースシャトル地形データをベースに立体化したら、中国の山はこんな形らしい。



◎前回の続き

中国地図を作成したものの、ゲームのマップとして使い物になるかどうかピンとこないので、サンプルユニットを配置して確認します。

まず、地図を斜めに傾けてユニットを配置してみました。

(川や湖、道、森などは後日追加します。また、白マルは城モデルに置き換えます。そのつもりで見てくださいね!(^^;)

マップテスト01

ふむ…。
ボードゲームで遊んでるような雰囲気ですね。これはこれでアリかも。

ただ、インパクトと言うか、アクセントのようなものが無いと、ちょっと寂しいですね。
というわけで、マップの3D化にチャレンジしてみました。



◎GRを使ってみた

マップのネタを探していた時に、GRという3次元地形画像レンダラを発見しました。

3次元地形画像レンダラGR

これは2つの画像ファイルから3次元地形を生成するフリーツールで、モデルデータ形式(.DXF)への出力が可能です。

このツールを利用すると、以下の手順で3次元地形の.Xファイルを作成できます。

1.カシミールの表示設定を調整して、
  表面テクスチャとバンプテクスチャを取得する。

2.2つのテクスチャをGRで読み込み、
  3次元地形を生成して.DXFファイルを出力する。

3..DXFファイルをメタセコイアで読み込んで調整し、
  .Xファイルを出力する。

問題はバンプテクスチャとGRの相性です。やたら細かくデコボコになったりするので、カシミールやメタセコイアなど他のソフトで調整する必要があります。

GR失敗例2



◎意外な展開

数時間にわたって調整していたら、メタセコイアにデコボコ地形を作成する機能があることに気が付きました。ガーン!
(注:この機能はシェアウェア版のみ使用可能です)

結局、この機能を使用したら、一発で好感触の地形が作成できました。今までの苦労は一体?(爆)



◎3Dマップ

で、最終的に出来上がったのが、冒頭や以下の画面です。

マップテスト02   マップテスト05

シミュレーションゲームの場合、全体を把握する必要があるので、マップ表示(視点角度)は上方から見下ろすのが一般的です。斜めの角度はアニメーション等の演出や、上級者ルールで用いると思います。(上級者ルールの場合、視界外は見えない)

また、抽象化ユニットと具象化ユニットをそれぞれ表示してみましたが、抽象化ユニットの方が鮮やかで見栄えが良い気がします(;_;)



◎ユニットの表示について

抽象化ユニットと具象化ユニットを比較しました。

○抽象化ユニット
・現時点では見栄えが良い
・敵味方が一目でわかる
・部隊の向きがわかりやすい

○具象化ユニット
・武将や部隊の種類が一目でわかる
・色分けや旗などで敵味方を判別しやすくする必要がある
・かっこいい武将モデルが用意できれば見栄えが良くなる?

今の所、表示オプションで選択可能とする予定ですが、心配なのは「かっこいい武将モデルが用意できるか?」ってことですね。



◎オマケ

こんなのも試してみました。

マップテスト06   マップテスト07

う~む…微妙ですね。
大きさを調整して、抽象化ユニットを半透明にすれば、使えるかなぁ?



◎次回予告

ようやくゲームっぽい画面が表示できましたね。サンプルモデル作成に時間かかったからなぁ…。

次回は、マップやユニット情報の管理について検討します。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

こんばんはー。
ご無沙汰してます。最近就職活動やら作品制作やらでコメントできてませんでした!申し訳ないです。
Na-7さんのゲーム制作も順調そうで何よりです。メタセコの地形作成機能ってすごく便利ですよね(笑)自分も使ってみて驚きました。昔のシミュレーションゲームのユニット表示は大体抽象化されてますよね。最近のシミュレーションだと、スーパーロボット大戦はひとつのユニットを小隊として数ユニットが入っている形をとっていますが、それは具象化されてますね。
やはり、マップのサイズの問題ではないでしょうか。マップが広くなってくるとユニット確認が面倒くさくなってくるので、具象化ってすごく助かるんですよね。でもシミュレーションは小隊の向きもかなり重要になってくるだろうから、やはり抽象化のほうがいいのか・・・悩みますね。←結局答えがでていない(笑
自分も今マップを作成してます。へたくそな判定のとり方なので、マップ自体に結構制約があって大変ですが、それなりに楽しいです。自分なりの方法で作るっていいですよね~(出来ない言い訳ですが(笑 
 メタセコイアの中の座標100がXNAで読み込んだときの座標の1相当なので、それを利用してます。今の実力ではそれしかひらめきませんでしたが、単純な判定には使えるかもしれないので、もしよかったら参考にしてください。

最近すごく寒いので風邪に気をつけてがんばってください!

naroさんこんばんは。お元気そうで何よりです。(^^)
学生の就職活動も長期化してるらしいですね。大変そうですが、あまり焦らず気長に頑張ってください。


>やはり、マップのサイズの問題ではないでしょうか。

確かに、マップサイズは重要な要素ですね。普通に作るなら縦3×横3=9画面分ぐらいが適当でしょうけど、常識外れにデカいマップも意外と面白いかも。この場合は1部隊を複数の具象化ユニットで表示すると、向きや陣形も一目でわかるでしょう。
問題は、戦場全体の把握が難しくなること。全体マップを用意して、部隊数を少なめにすれば大丈夫かな?


>メタセコイアの中の座標100がXNAで読み込んだときの座標の1相当なので、それを利用してます。

なるほど、メタセコイアとXNAの座標連携ですね。参考とさせて頂きます。


>最近すごく寒いので風邪に気をつけてがんばってください!

最近はPCを近くに置いて暖房の足しにしてます(笑)
raroさんもお体に気を付けて頑張ってください!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。