プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
fog設定等変更後
三国志軍記開発中の画面
サンプルを参考に、fog設定やバックカラー等を手直しした。遠方の雰囲気が少し変わった。



◎アンケート

いつの間にか回答が増えてました。ありがとうございます。
どうやら開発関係の方が多そうなので、当分このまま開発中心に進めていきます。

おや?3Dテストプログラムの続編を期待されている方もいるのでしょうか?ありがとうございます。特に予定はしていませんが、機会があればまた作ってみたいですね。



◎技術資料

前回までの高さ取得シリーズの総括を兼ねて、ホームページに「立体地形モデルの作成と高さの取得」を掲載しました。HeightmapCollisionを丸ごと流用する手順をまとめた資料です。

ちょっと長めの記事ですが、この記事を参考にすれば、コードの中身がいまいち理解できない人でも、欲しい機能が使えるようになると思います。
何しろ筆者自身が理解しきれてませんので…(汗)

まぁエンジンの構造を知らない人でも車は運転できますし、先に使い方を覚えて慣れていけば、そのうち中身もわかるようになる…といいなぁ(^^;



◎川モデルの作成

地表モデルを自動生成する場合、川モデルだけメタセコイアで作ると細部が微妙にズレてしまいます。そこで川モデルも自動生成すべく、こんなグレースケールを用意しました。

NanyougunRiverGrayScale512

これは川と道の部分だけグレースケールを継承し、他の部分を真っ黒にしたものです。これで川と道だけ浮き出させたモデルを作成し、地表モデルと重ねるつもりです。
で、実際にやってみると…

トゲトゲマップ

ガーン!何ですかこの針の山は!?
何でこうトゲトゲしているのでしょうか?

グレースケールマップを拡大してよく見ると、川幅は2~3ピクセルぐらいの所が多く、このような細い線はうまく生成されないようです。
う~ん、どうしたものか…。



◎また考える

諦めて元に戻すのはまだ早そうなので、再度考えてみました。

A案:グレースケールの解像度を縦横5倍以上にする
   →サイズ不適切のため却下

B案:川以外の地形は、明度を落として継承する

C案:カラーマップを読み込んで色別に地形を生成する
   プログラムを作る

D案:1つの地形モデルに複数のテクスチャを貼るよう
   プログラムする

こうして見ると、D案が一番素直そうなんですが、技術的には一番難しそうです。B案やC案なら私でも出来そうですが、それって逃げたことになるのかな~?

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。