プロフィール

Na-7

Author:Na-7
SE(システムエンジニア)として約15年間システム系ソフト会社を勤めあげ、2008年3月退社。現在、ゲーム制作会社設立を目指して活動中。


アクセスカウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:三国志軍記開発
GPUの性能比較
Mizushima Network Service「GPUの性能比較」
自宅サーバー開設指南サイトだが、GPUの性能比較スコアを独自に付けたコーナーがある。グラボ購入時の参考に。



◎前回の続き

川を再現する方法として、C案で取り組むことにしました。B案はあまり応用がきかなさそうだし、D案は技術的に難しそうなので…。

では、C案について改めて説明します。

 グレースケールマップを読み込んで高さを取得する
 カラーマップを読み込んで地形の種類を取得する
 地形の高さと種類を元にして、地形モデルを生成する

については既に実装済みです。これを流用してを作成し、で新たな地形モデルを生成します。



◎コンテントパイプラインを流用する

の機能はの機能を流用して作成しますが、の機能も同時に利用するので、重複する識別子は全て変更する必要があります(クラス名、名前空間、GetRuntimeTypeの返却値など)。


さらにコンテントパイプラインの参照設定を行い、画像を登録し、Content Processorを設定…という段階で問題が発生しました。

新しく作成したコンテントパイプラインが、Content Processorの選択肢に表示されなかったり、やっと選択できるようになって設定したら異常終了したり、選択肢がまた消えたり…。

ただでさえコンテントパイプラインは苦手なのに、エラーにならずに例外発生で異常終了するのは、かなり厄介なケースです。悪戦苦闘を強いられましたが、何とか正常な状態にすることができました。

かなり試行錯誤したのでどれが要因かはっきりしませんが、メインプログラム側のContentTypeReaderを最初から用意していなかったのが原因だと思います(多分)。


また、参照設定を追加してるのに「コンテントパイプラインが見付からない」とエラーになるので、これも結構ハマりましたが、プロジェクト設定の「アセンブリ名」と「既定の名前空間」を修正したら解消しました。



◎カラー情報の判別

コンテントパイプラインの壁を越えて、ようやくカラー情報が取得できるようになりましたが、ここでまたハマりました。このままだとカラー情報がfloat型で返って来るので、実際に何色だか人間にはよく分からないのです。

float型からColor型に変換する方法は無いかと探ってみましたが、見付かりません。せめてint型なら、ビット演算でRGB値を抜き出せると思うのですが…。

で、変換が出来ないなら、PixelBitmapContent<float>を別の型にしようと試してみたのですが…エラーになりました。

Unsupported bitmap conversion. System.Int32 is not a valid PixelBitmapContent type.

う~ん何ですかねこのエラーは?まさかハード的にサポートされてないとか??



◎グラボ増設?

まさかとは思いますが、変なエラーが出る度に「もしかしたらハードかも…」と疑うのはいい加減疲れてきたので、グラボを買おうと決意しました。

お店で適当なグラボを選択し、念のため店員に「これ、うちのPCで動きますか?」とPCのマニュアルを渡したら「電力が足りない」とのこと。ガーン!マジっすか~!

まだ何も増設してないのに、いきなり電力不足を指摘されるとは思いませんでした。スロット4つもあるのに…シクシク。
最近のCPUやGPUって、そこまで電力喰ってたのね。小さなPC買ったのが裏目に出たか…。



◎次回予告

とりあえず、ハードじゃないことを祈りつつ、エラーの原因を探ります。

スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゲーム制作の舞台裏 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。